アパレル営業職の求人情報の中には、これまでにアパレル業界に係わってきた人はもちろん、未経験者であっても歓迎する企業もあります。これまでの経験やスキルを生かせる転職先や、給料・仕事内容も理想的な職場を見つけませんか?アパレル業界に特化した転職サイトの活用がとても有効です。

営業経験者がアパレル営業職を目指すなら、仕事内容に注意

ひと口にアパレル営業職と言っても、具体的な仕事内容はさまざまです。

というのも、各企業によって販売形態が異なるからです。

 

たとえば自社で小売部門を持っている企業であれば、各店舗に置く商品の選択や販促キャンペーン等の企画、スタッフの教育といった仕事などを行うのが営業職ということになります。繁忙期には自ら販売員となって現場に立つこともあります。

また、最近ではインターネットの通販サイトを運営しているアパレル企業も多いので、場合によってはサイトの管理業務を営業職が担当することもあります。

 

一方、小売部門を持っていない企業であれば、自社製品を販売してくれるデパートやスーパー、セレクトショップなどを獲得するためのプロモーション活動がメインになります。海外への販路を求めて商社等と交渉を行うこともあります。

 

したがって、「過去の営業経験を生かして、アパレル業界に転職したい」という場合は、自分がかつて担当していた職務とできるだけ近い内容の求人を探すことが重要なポイントになります。求人情報をチェックする際は、その点を注意しましょう。

アパレル営業の転職活動では、服装も大事なポイント

希望条件に合うアパレル営業の求人を見つけたら、早速転職活動の準備です。転職を行う際には、やはり成功させたいものですが、その為には転職活動に向けてあらゆる準備をきちんと行う事が大切になります。 中でもしっかりと対策をしたいのが面接時の服装です。


面接の内容次第で採用担当者からの印象というのは違ってきますし、採用を手に入れる為には好印象を持ってもらう必要があります。 面接の際に良い印象を持ってもらう為にやっておきたい事はいくつかありますが、その一つとして挙げられるのが転職活動を行う際の服装についてです。


特に転職者の場合は、ある程度のビジネスマナーが備わっているのが当然として見られます。それにアパレル営業ですので、服装にもきちんと気を配らなければいけません。


では、面接の際にはどういった服装で臨めば良いのかと言いますと、まず基本中の基本として挙げられるのが清潔感です。 アパレル業界だけでなく、どんな企業でも清潔感が無い転職者に対してはマイナスの印象を持ちますので、まずは清潔感のあるスーツを用意する必要があります。


また、転職活動をしている際には時にシャツやネクタイなどを汚してしまう事がありますので、もしもの時の為にも予備を携帯しておいた方が安心です。


中には服装自由な企業もありますが、アパレル業界の場合でも採用試験の際にはスーツが基本です。女性の場合ですとボトムスはスカートかパンツかで悩んでしまう事もあるものですが、ボトムスはどちらでも問題はありません。

ただ、パンツスーツの方が仕事ができるキャリアウーマンに見えやすいとも言われています。実力重視の営業の求人に応募する際にはパンツが適していると言えます。


小さな事に思えるかも知れませんが、服装をきちんと考えて転職の面接に臨むのは、とても大切なことです。

転職を考える女性が取得する資格について

アルバイトやパート、契約社員に派遣社員といった雇用形態で働く女性が多いものです。しかしこうした雇用形態で働くことは、非常に不安定で将来もずっと末永く働いて行ける保証はありません。

そのため女性の中には資格を取得し、転職活動しようと考える人が多いものです。転職の際に提出する履歴書の欄に、会計士、社会保険労務士、宅建、簿記1級、不動産鑑定士、インテリアコーディネーターなど難しい資格の名前が記入されていれば、確かに採用側の目はとまります。

またその資格を取得したということは、努力家で勤勉、真面目、しっかりヴィジョンを持っているといった印象を受け、無事書類審査を通過する可能性を高めてくれるのです。

面接でも特に難易度の高いライセンスを取得した場合には、面接官もそのことに触れ様々質問を投げかけてくることが予想されます。そのライセンスがこれから入社しようとしている企業にとってどのように活かせるのかきちんと回答できるように準備しておくことが大事です。それが出来れば無事転職内定を頂く可能性を高めてくれます。

しかしながら企業によっては資格よりも経験や過去の勤続年数の方を重要視する企業もあるのです。
参考:大学中退でも就職先を見つける為に!使うべき転職サポートはココ

転職では必ずしもライセンスだけが有利に働くわけではないのです。転職で大事なのは時として経験と適応力とも言えるのです。
特に転職で最も有利なのは、経理なら経理部門で勤続10年の経験があり、さらに簿記や会計士のライセンスを持っていると間違いなく転職は成功すると言えるでしょう。